HOME サービス一覧 サイトマップ お問い合わせ

お問合せは0120-126-962までお気軽にどうぞ

不動産を相続して(する予定で)アドバイスが欲しい方

土地、アパートを運用したいお客様

アパート経営、マンション経営、テナント経営、コインパーキング(駐車場)経営など、様々な活用方法をご提案しております。

お客様の所有している土地の面積、場所、周辺地域の環境などを分析して、最適な運用方法をアドバイスすることができます。

また、相続した(相続する予定の)アパートの空室にお困りのお客様もご相談下さい!

いろいろな角度から分析いたしまして、最適なプランをご提案いたします。

不動産を売却したいお客様

兄弟で不動産を相続したが(する予定だが)、分割できないので売却して現金化したい、 などなど、そんなお客様はぜひ、弊社へお任せ下さい!

まずは査定だけのご依頼でも大丈夫です。

無料査定を行っておりますので、お気軽にお問合せ下さい。

以下のようなご不安、お悩みはありませんか?

相続した土地はどうする?

親から土地を相続した場合、資産が増えたと喜んでばかりはいられません。直面する悩みで多いのが税金のこと。土地は所有しているだけで、毎年固定資産税等がかかるばかりでなく、ケースにより相続税もかかってきます。その土地に賃貸アパートやマンションを建てて運用するのであれば、所得税や住民税についても視野にいれなければなりません。他にも土地を相続したことで、知っておくべきことはあります。今回は相続した土地について考えてみましょう。

相続相続した土地が「現在の住まいから遠く、維持管理が大変」など、負担が大きく所有しているメリットを見いだせない場合、もしくは現金化する必要があれば、売却も一つの選択肢です。

相続した土地を売却することになったら、名義が被相続人(お亡くなりになられた方)のままでは手続きができないので、まずは名義変更をする必要があります(主に司法書士さんが行います)。名義変更の手続き先は、地方法務局です。ケースにより異なりますが、遺産分割協議書もしくは遺言書(主に行政書士さん、弁護士さんが作成します)、所有権移転登記申請書、戸籍謄本(被相続人・相続人)、固定資産税評価証明書などが必要です。手続きに時間や手間がかかるだけでなく、提出物の不足で何度も足を運ぶことになります。また、第三者が間に入る方が、お話がまとまる事がよくあります。この手続を経て売却(不動産業者がお手伝いいたします)して、利益が出たときは 譲渡所得税がかかりますが、一定の要件を満たして相続開始のあった日の翌日から相続税の申告期限の翌日以降3年を経過する日までに譲渡した場合、支払った相続税の内、一定額を取得費に加算することができます。 ここまで来ると、税理士さんの出番ですね。

いかがですか?

相続してもいろいろわからない事、大変な事が多いのが現実です。また、知識がないと損をするのが、相続の特徴です。

そこで、弊社を含めたネットワークの強みをご説明いたしますと、通常、不動産を相続した場合、売却したほうが良いのか、運用した方が良いのかわからないことがあるものです。そんな時に、さまざまな角度から、最適なアドバイスをすることができます。

そして、仮に売却を選んでも、運用を選んでも、税の問題は必ずついてきます。

そんな時、税理士、司法書士、不動産業者、行政書士そしてトラブルの時のための弁護士と、すべてのお知り合いがいる方はなかなかいらっしゃいません。とうぜん、どこに頼んでいいかわからないですし、各自に頼むと、それぞれの専門家同士の連携もありませんので、お話がスムーズに行かない事もよくあるお話しです。

そうなんです、弊社を含めたネットワークの最大の強みは、専門家集団の集まりですので、みんなで連携し、お客様にベストなご提案、アドバイスが出来るところなんです!

まずはお気軽にご連絡下さいませ!
ご相談だけでも大丈夫です。
どうぞよろしくお願い申し上げます。

株式会社Qurepass
クレパスホーム
代表取締役 藤沢 茂

相続の事ならどんな相談でも初回相談無料!
 HOME  サイトマップ  お問合せ
相続の事ならどんな相談でも初回相談無料!
ページのトップへ戻る